三春情報センターを利用してお気に入りの家を見つけよう

つみ木

古き良き日本住宅

一軒家

防音と断熱改修がメイン

鎌倉の歴史は古く中世から近世は武士の都市として、近代は多くの文豪や政治家の別荘地として、現代では都心へのベッドタウンとしても人気のある街です。鎌倉は縄文・弥生時代の遺跡もあるように古代人にとっても気候が温暖で、水や緑が豊富な自然環境が整っている土地と認識されていた証拠です。鎌倉で中古一戸建てを購入して生活をしようと考える人は、築年数の長い古民家をリノベーションして、鎌倉の歴史と自然を感じながら現代的な生活を満喫しようと考えています。鎌倉らしい古き良き日本住宅を新築で建てるには、素材を仕入れることが今ではできないものも多く、中古一戸建てを購入する以外に選択肢はありません。古民家風の中古一戸建ては、夏を中心に風通しを良くして建築されていることから夏は涼しく過ごすことができますが、冬は温暖な鎌倉といえどもそのままでは寒く感じます。そこで鎌倉の古民家の外観を残しながら、防音・断熱を中心にリフォームを行っていきます。鎌倉では古民家再生を得意とするリフォーム業者も多く、実際の中古一戸建てを見ることによって買主の希望と業者の提案をイメージしやすい特徴があります。鎌倉の古民家は建築から長い間立っていた実績から地震や台風にも負けないしっかりした構造をしていますが、劣化が進んでいる箇所もありえます。今後も長く安心して生活していくためにも、住宅診断を受けて、基礎や屋根裏など目に見えない部分のチェックも忘れないようにしておくようにしましょう。