最新記事一覧

英会話が必要な国際都市

教師

何のために英語を話すか

日本では、小学校から英語の授業が始まりますが、小中高と長い期間、英語を学んでいるのに、全く英会話ができない人がたくさんいます。日本の英語教育は、実用会話ではなく、文法を中心とした授業が多く、実際に海外で英語を話そうとすると、通じないことが多くあります。英語を仕事のツールとして使うためには、会話や発音を中心に行う英会話塾に通って、実際に話してみることが一番の近道です。北九州空港や港など、北九州には外国人が出入りする玄関口が数多くあり、英語を話すことは日常的に必要とされています。とくに、北九州や福岡など、外国人観光客が多く訪れる地域で、観光業に携わりたいと考える人にとって、英語を話せることは大きな強みです。北九州には大手の英会話塾をはじめ、たくさんの塾が存在しますが、まずは自分が何のために英語を勉強したいかを考えて入塾する必要があります。例えば、ホテルや観光案内で外国人観光客に説明できるようになりたいという人は、英語で観光に関する会話を勉強できる塾を探す必要があります。また、自分が就いている職場で、専門的な事を英語でディスカッションしたい人は、その専門知識に特化した講師がいる塾が適切です。そして、できれば外国人講師が多く揃っている塾で、ネイティブの英語を学ぶと、職場などですぐに実践できると思われます。英会話スクールはたくさんありますが、その中から選ぶ際は、必ず体験授業に参加して、実際の授業の様子や講師の英語力を知っておく必要があります。そして、見学の際に、「自分はこのために英語を話せるようになりたい」と、目的をしっかりと伝えておくことが大切です。

Copyright© 2017 さまざまな授業方法がある英会話レッスン|特徴を徹底解説 All Rights Reserved.